r
  1. ホーム
  2. 成功する太陽光発電の買い方
  3. どうしてこんなに安いの?

どうしてこんなに安いの?

  • blow
  • 省エネ工房の販売金額がどうしてこんなに安いのか?
    完全自社販売・施工で中間マージンを大幅カットしているからです!
    太陽光発電工事にはたくさんの業者が関わるケースが多く、関係する業者が多ければ多いほどもちろん販売金額は高くなります。

    最大で、
    1.メーカー  2.商社  3.販売店  4.屋根工事業者  5.電気工事業者 の5社が関係する事になります。 メーカーは京セラやシャープやなど、実際に太陽光パネルを製造しているメーカーを指します。

    商社はメーカーから太陽光パネルを仕入れ、工事業者に卸す問屋のことです。 販売店は実際に皆さんが話をされる会社。販売を行っている会社です。 設置には最低2つの業者が必要で、屋根工事業者と電気工事業者になります。

    太陽光発電専門店省エネ工房では
    [メーカーから一括大量仕入れ][完全自社施工]の流れになりますのでこれだけ安い金額での販売施工が可能なのです。

全ては施工業者で決まります

1. 建設業者や住設会社

住宅設備関連事業者が、太陽光発電システムの販売施工も兼業で行っているケースです。 太陽光発電システムの主要な工事である電気工事や屋根工事を手がけている事業者が多く、最近は住宅リフォーム業者や工務店などが行うケースも増えています。

2. 専業者

太陽光発電、オール電化などを専門で行っている会社。住宅設備関連事業者が太陽光発電事業の部門を独立させて行っているケースや、新規事業として始めたケースがあります。

3. 家電量販店・ショッピングセンター系

ヤマダ電機やコジマ、ジョーシンなどの家電量販店のことを指します。しかし、その形態は様々で、他の事業者がテナントとして出店している場合や、自社が販売窓口となり施工は提携する施工業者に依頼している場合などがあります。
店舗の販売員は知識のないケースが目立ち、お客様に最適な提案ができない場合が多いようです。

見積のご依頼

見積はこちら

全ては施工業者で決まります

■ 訪問販売(飛び込み)

その場で概算のレイアウトと見積りを出し、即決を促すところがほとんどです。屋根を実測せずに見積りを出すところはやめた方が良いでしょう。
本日契約していただけたら特別価格で、と契約を急がせるのは信用できません。 また、自治体の補助金の枠がいっぱいになってしまう場合は早めにというアドバイスする事業者もあります。

■ 電話勧誘

電話でアポイントメントを取り訪問してくる場合は、最初に必ず現地調査ができる人間が来て実測してからでないと正確なお見積りはでません。 最初に営業が来るような会社は避けた方が良いでしょう。